睡眠に関する情報が満載!

ぐっすりライフ

睡眠の呼吸時の状態は健康のバロメータ

睡眠時の呼吸の状態を定期的に把握しておくことにより、様々な疾患を早期に発見することが出来るといわれており、健康維持に励んでいる中高年世代の人々にとっては、大きなテーマとして捉えられています。
特に、睡眠時無呼吸症候群などの症状を抱えている人は、年々増加しており、健康診断の際に、適切な診断を受けることが望まれます。
こうした症状が長く続くことにより、動脈硬化が進行しやすくなったり、睡眠中の突然死などを招くことがあるとされ、しっかりと治療に励むことが求められます。
近年では、高齢社会の進展が大きく取り上げられることがありますが、脳血管疾患や心疾患を未然に防ぐためには、呼吸のメカニズムを上手く理解することが欠かせません。
例えば、健康雑誌やテレビ番組などにおいては、就寝時の注意点などについて、様々な情報が伝えられることがあるため、健康的な生活を送りたいときには、十分に知識を得ることが良いとされています。

睡眠時に呼吸がとまっていたら要注意!

睡眠は私たちが健康に毎日生活を送るためにはとても重要なものです。
日中受けたダメージを修復し、体力を回復させる大きな役割があります。
しっかりと熟睡できることが次の日に疲れを残さず、元気で健康に1日を過ごすことができるのです。
しかし中には睡眠時に異常な呼吸を行ってしまう人もいます。
これは睡眠呼吸障害と呼ばれており、眠りにつくと大きないびきをかいたり、途中で呼吸がとまるなどの症状を言います。
自分の知らない間に長時間酸素の供給が止まることによって、脳に酸素が足りなくなってしまい様々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。
病気にならないとしても、しっかりと熟睡できないため、どれだけ長時間寝ても昼間だるさが取れなかったり、眠気が抜けないことも多いのです。
それによって集中力が欠けてしまい仕事も一生懸命できなくなってしまいます。
現在では専門医も増えてきているので、検査したり治療することも可能となっています。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/10

COPYRIGHT(C)ぐっすりライフALL RIGHT RESERVED