睡眠に関する情報が満載!

ぐっすりライフ

睡眠にちょうどよい明るさ

寝室で寝るときはどのくらいの明るさが適しているのかご存知ですか。
実は人間が睡眠をとる時には、真っ暗な部屋ではなく少し明るさがあったほうが眠りにつきやすいと言われています。
例えば、最近の延長コードには真っ暗になっても分かるように常に小さな明かりがついているものがあります。
そういったちょっとした明かりが眠りに良いとされています。
真っ暗じゃないと眠れないという人もいるかもしれませんが、眠りの質から考えると、少し明かりがあった方が良いそうです。
また、明かりが少しあると暗闇の不安感もなくなり、夜中にトイレに行くときにもつまずかずに行くことができて安全です。
睡眠に良い光とは、暖色系の間接照明がいいそうです。
反対にスマホや携帯の光は睡眠の妨げとなってしまうので、寝る前に眺めるのはよくないでしょう。
寝る時間が近くなったら少しずつ照明を落として、だんだんと眠りに入っていけるようにするのがベストな環境と言えます。

しっかりと睡眠するには部屋の明るさが重要

しっかりとした睡眠を行うためには、部屋の明るさを調節することが必要になります。
人間の体は周囲の光の強さに影響されやすく、特に睡眠においては、しっかりと眠れるかどうかに大きな影響を及ぼすことになります。
人間の体は周囲が明るくなると交感神経が優位になり、活動に適した状態になります。
逆に周囲が暗くなると、体を休めるために副交感神経が優位になります。
そのため、夜にしっかりと眠ろうと思うのならば、就寝時刻には部屋を暗くしている必要があるのです。
これは眠るために必要なホルモンである、メラトニンにも影響があります。
メラトニンは周囲が明るいと、分泌が抑制されてしまいます。
特にLED電球であると、光が強いために、抑制されやすいのです。
なので、就寝時刻に近づいたら、間接照明などに切り替え、あまり部屋を明るくしないことが重要です。
また良質な睡眠をするためには、起床後の行動も大切です。
目が覚めたら出来る限りすぐに日光を浴びるようにしましょう。
これにより体内時計をリセットすることができ、自律神経を整えることができるのです。

Valuable information

代田橋の歯科
http://www.yamashita-dentalclinic.com/

2017/4/10 更新

COPYRIGHT(C)ぐっすりライフALL RIGHT RESERVED